あなたの隠れた資本

こんにちは。船川です。
 
今日は隠れた資本のお話です。
 
フランスの経済学者の方で
トマピケティさんという方がいます。
 
彼は、『21世紀の資本』という本を出版し、
700ページ以上に及ぶ書籍にも関わらず、
日本でもベストセラーになりました。
 
内容を詳細にお伝えすると長くなりますので、
とても簡単に説明すると、、
 
「資本は労働に勝る」
 
という事を本では伝えています。
 
どういう事かというと、例えば、
 
資産が増える率が1%上昇
労働で得れる昇給率が1%上昇
 
だとします。
 
1億円もっている不動産が
年に5%あがるだけで、
100万円の利益があります。
 
逆に労働で時給1000円の人が
年に1%あがると、10円の給料増に
なるという事になります。
 
金額だけでいうと
100万円と10円の差になります。
 
また資本の増える率は実際は4〜5%もあり、
もっと資産は増えます。
 
つまり、資本を持っているものは、
労働をする人おりも、
資本がどんどん増え続けるという事になります。
 
この話を学生さんにすると、
 
「じゃあ、資本家を目指すために貯金をしていこう」と
 
考えるが学生さんがいますが、
それは間違いです。
 
初任給20万円前後の学生が貯金をするとしても、
月々頑張って、10分の1の金額を貯金するとしても
2万円になります。
 
しかし、月給100万円の人の10分の1の貯金なら
10万円になります。
 
その差は5倍もあります。
 
額だけならそんなに差はないように見えても、
年月でいうと、時間がたてばたつほど、
その差は空いてきます。
 
なので、まずは、月100万円を稼げるような
人間になるために自己投資する必要があります。
 
この自己投資をするために、
必要な資本があります。
 
実は、すでに学生さんは持っているものです。
 
それは「時間」です。
 
10代、20代の方には「時間」というものがあります。
 
時間があれば、自分に投資することも可能です。
 
今、不動産などを持っていなくても、
時間を使い、自分の価値をあげる事で、
それを手にいれる事は可能です。
 
学生さんであれば、ぜひ、
「時間」の使い方を意識してみてください。
 
船川